ご挨拶

長野県マンション管理士会について

 私共、長野県マンション管理士会(以下「当会」と記します。)は、マンション管理士会の全国組織である一般社団法人日本マンション管理士会連合会(以下「日管連」と記します。)が推進するマンション管理士会(会員会)として、2016年7月に設立されたマンション管理士の団体です。
 当会の事業の柱は、「マンション管理士制度の社会への定着」と「マンション管理士の業務活動に対する支援」です。「マンション管理士制度の社会への定着」とは、制度の周知・普及に関する事業になり、その大半は、長野県及市町村のマンション施策等の推進協力者となることを通じて行われます。「マンション管理士の業務活動に対する支援」とは、会員を対象とした研修、会報の発行、会員の交流のほか、管理組合の依頼に応じた会員マンション管理士の紹介などの事業になります。上記の事業活動の範囲は、日管連が事業主体となる「国土交通省補助事業」や「マンション管理適正化診断サービス」にも及びます。
 また、日管連の会員会に所属しているマンション管理士のみが加入資格を有する「マンション管理士賠償責任保険」については、2017年度から業務行為賠償をはじめとする補償の内容が大幅に充実しました。
 最新のマンション標準管理規約が「外部専門家の活用」を打ち出していることとの関係では、管理組合の管理者や役員などの当事者としての任(業務)を担う専門家として、日管連会員会の所属マンション管理士であることが大きな優位性につながることは、間違いなく、さらに、倫理規程の遵守義務を負うとともに、法定講習の受講に懈怠のない信頼できるマンション管理士のみを管理組合関係者が容易に検索できるシステム「マンション管理士検索サービス」が日管連のホームページ上に構築され、より幅広い業務を営める支援体制が整いつつあります。

所属のマンション管理士の活動状況について

 当会では、長野県内の主要都市部において、定期的に無料相談会等を開催しております。
 また、マンション管理士としての能力の向上のための研修会等を随時開催しており、会員同士による情報交換などを通して、自己研鑽による相談対応やコンサルティングの能力の向上を図ることを目指しています。その他、マンション管理士制度の周知普及のため、行政機関等との連携を強化している他、マンション実態調査などの業務の受託に対応しており、日管連が事業主体となる「国土交通省補助事業」や「マンション管理適正化診断サービス」の推進にも、積極的に協力しています。当会の事業活動は、地元行政との連携を考慮した「地域との密着」が重要であるため、活発な地域活動を展開しています。

定款記載の事業内容について

 当会は、日管連並びに長野県及び関係団体との連携、協力等により、会員の活動を支援するとともにマンション管理士制度の普及、周知を通じてマンションの管理の適正化に資すること等の目的を達成するため、次のような事業を行ってまいります。

1.  会員の指導・支援に関すること
2.  会員の日管連への登録に関すること
3.  研修に関すること
4.  会報の編集及び発行に関すること
5.  広報活動に関すること
6.  マンション管理に関する情報収集及び情報の公開に関すること
7.  日管連並びに長野県及び関係団体との連携、協力に関すること
8.  マンション管理士制度の普及、周知に関すること
9. 日管連並びに長野県、関係団体等に対する要望活動に関すること
10.マンション管理に関する調査研究及び出版に関すること
11.前各号に掲げる事業に付帯又は関連する事業に関すること

その他の事業活動について

【これまでの活動実績など】
上田市(無料相談会:隔月開催中) ※1・3・5・7・9・11月
軽井沢町(無料相談会:2017年8月開催)
長野市(行政相談会:2017年10月開催)
佐久市(行政相談会:2018年7月開催)
長野市(行政相談会:2018年11月開催)
佐久市(行政相談会:2019年7月開催)
長野市(行政相談会:2019年11月開催)

【2020年度の事業活動予定】
松本市(行政相談会:2020年5月開催予定)
佐久市(行政相談会:2020年7月開催予定)
長野市(行政相談会:2020年11月開催予定)